トイプードルの餌と甘噛み

トイプードル(泳ぎが得意な犬種で、かつては救助犬として活躍したこともあるそうです)の甘噛みに悩まされている飼い主も多い事でしょう。

通常は成犬になったのであれね自然としなくなりますが、中にはいつまで経ってもやめない犬もいるでしょうね。

いくら甘噛みでも痛いものは痛いので、早期に直したいところです。

甘噛みをやめさせる為には噛む玩具を用意する事が大切です。

噛む玩具を用意して、何を噛んで良いのか、何を噛んだら駄目なのかを認識(自分のものに固執していると、視野が広がらないでしょう)させて下さい。

手や足を甘噛みされた時、大きな声で「痛い」と叫んでくださいね。

そして、犬の鼻を強めに弾きましょう。

このときに目をみて、叫ぶとより効果がアップします。

この行為を何度か繰り返すことで、人を噛むのは悪いという事だと認識(自分のものに固執していると、視野が広がらないでしょう)します。

その結果、噛んでも怒られない玩具を噛むようになるでしょう。

基本としては甘噛みは4ヶ月前後の小犬に多く見られる行為です。

このとき期は歯が生え変わるので、歯茎がかゆくなり、違和感を覚えます。

また、飼い主に遊んでほしい場合やもっと構ってほしくて甘噛みをする可能性があるでしょう。

 

トイプードル 餌
小さなトイプードルは骨折することも多いため餌にはグルコサミンやカルシウムなど骨を丈夫にする栄養素が入っている餌を選びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加