事故車の査定

事故車というのは、中古車買取り市場では想像以上に嫌われ者です。
査定に出したはいいけど、買い取れない、または、下取りに出した場合も廃車費用を請求される、と言った具合です。
でも、安全に事故車といえど、輸出車としての需要はあります。 日本車というものは、国内以上に外国では人気がある場合も多いのです。
そういった場合、中古車を買い取るよりも、事故車を低価格で買い取り、自社で修理して外国へ輸出する方が、コストを抑えられるのです。
また、事故車といえどもまだまだ使えるパーツはたくさんあるはずなので、事故車を買い取って、中古車の整備や部品交換、事故車の修復などの部品に使っている事故車専門の業者もいるようです。
また、車には鉄やプラスチック等の資源が部品として使われているため、事故者専門の買取業者では、資源として再利用するために買い取ってくれる場合もあります。
もちろん、インターネットを利用した事故車専門の無料査定サービスもあるので、あきらめて廃車する前に一度利用されてみるといいでしょう。
また、上記に上げた例は自走できないほど損傷した事故車についてですが、自走可能な場合は事故車でも普通に買い取ってくれる中古車販売店も少なくありません。
ディーラーや普通の中古車販売店に査定依頼を出してみて、買い取ってもらえないようなら事故車専門の販売店へ交渉してみるといいでしょう。
また、事故車の場合は修理せずそのままオークションに出品されている場合もあります。
主な落札者は、事故車専門の販売店などです。

このエントリーをはてなブックマークに追加