廃車について

自動車の廃車には永久抹消登録と、一時抹消登録と、輸出抹消登録の3種類があります。
完全に廃車してしまう場合は永久抹消登録を行います。
これを忘れていると、車を持ってなくても税金の請求が来るということが起こってしまいます。
廃車には、自動車リサイクル料金、登録抹消料金、自走できず運搬が必要な場合は輸送手数料がかかりますが、自動車の下取りと同時に廃車にする場合は、業者の方で一連の手続きを行なってくれる場合もあります。
また、廃車について専門に扱った廃車専門サイトというものもあり、オンラインにて廃車の無料査定ができるようです。
とはいえ、時間がなかったり、右も左も分からないという人も多いと思います。
そういった場合は、無理をせず廃車専門の業者に依頼してしまうのも手段の一つですし、代行手数料もそれほど高いわけではありません。 専門の業者なので、安心して依頼できることを考えると、安いものとも言えるでしょう。
ただし、手続きを業者に依頼する場合は、所有者以外の人に代行を依頼するための委任状が必要です。
また、ローンで車を購入した場合で、ローンの完済後も所有者を販売店側のままにしている場合、ローン完済証明と自動車納税証明書も必要になってくるので、ローンを払い終わった時は所有者を自分に移してもらうようにしておくと、後々の手続きが少なくてすみます。
最後に一時抹消登録についても触れておきますが、これは、「一定期間に自動車を使用しなくなる場合に、一時的に自動車の登録を抹消し、税金の払込義務を免除する」ためのものです。
具体的には、出張や入院などを起因として、自動車を所有する理由がなくなっている場合に、一時抹消登録を行うことで自動車税を払わずに済む、ということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加