手続き

車は貴重な財産ですから、売る場合の手続きも非常に厳格です。
まず車売却の権利があるのは、その車の所有者だけです。
この場合の所有者とは「車を買った人」や「一番乗っている人」とは無関係です。 車検証に記載されている所有者のことです。
仮に他人名義の車の車を売却する場合、所有者の印鑑証明や実印などを取得する必要があります。 同居している家族であれば、印鑑証明や実印を持ち出すのは意外と簡単なことかもしれません。
ですが、大手自動車ディーラーなど真っ当な業者の場合、車を売る人と車の所有者が違う場合は、事後トラブルを避けるため買い取りをお断りされる場合も多いです。
また、所有者がまだ自動車のローンの返済が終わっていない場合は、信販会社や販売店側に車売却の許可をとらなければなりませんが、多くの場合はローン返済が終了するまでは売却の許可はされないでしょう。
残りのローンを名義変更し、新たにローンを組み直すという方法や、一括返済するという方法もあるので、どうしても売却したい場合はそのあたりも含めて販売業者や買取業者と相談してみるといいでしょう。
中古自動車を購入する際、名義が使用者側にあるのか、中古車販売店側にあるのか、今一度確認してみましょう。
ローン返済が終わり、車検証と印鑑証明と実印を確保後、必要な書類を揃えたら売却手続きへと進みます。
売却手続き自体は必要事項が揃ってさえいれば、スムーズに進めることができるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加