車売却の必要書類

車の売却時に必要になる書類について説明します。
車の売却時には、車の査定時の必要書類に加えて、車売却時用に書類を揃える必要があります。
まず、車査定時に引き続き必要になるのが、自動車検査証と自動車損害賠償責任保険証明証です。 これらの取得方法については車査定時と同様なので、今回は省略します。
その他に必要なのが、自動車税納税証明書、自動車リサイクル権、委任状および印鑑証明証と印鑑、譲渡証明書です。
きちんと自動車税を納税をしているか証明するために必要な書類を、自動車税納税証明書と言います。 毎年5月に送付されてくる自動車税の納税通知書の下の部分が、自動車税納税証明書になっています。 車売却の際に必要なのは「自動車税納税通知書」ではなく、下の部分の「自動車税納税証明書」の方なので、間違えないように捺印をしたものを用意します。
続いて必要になるのが自動車リサイクル券で、新車購入時または車検時か廃車時にリサイクル料金を支払った時に発行されます。 再発行は出来ませんので、大切に保管しておきましょう。 万一紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページの「自動車リサイクル料金の預託状況」の参照ページを印刷出力することでも、自動車リサイクル証明書の代わりにすることはできます。
印鑑証明書については、各都道府県役場で取得できます。
あとは、中古車市場への登録手続きなどを販売店側に委託する場合に必要な、実印の押された委託状と、第三者への自動車の譲渡に関する承諾を証明する、譲渡証明書が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加