査定士技能検定試験

査定士とは、中古自動車査定制度に基き中古車査定を実施可能な資格を有する人の事を指します。 この資格を取得するためには、協会より実施されている3日間の講習を受けた後、技能検定試験に合格し、査定協会へ登録する必要があります。
今までに自動車整備や販売経験があり、査定業務に携わるならば、資格取得へ挑戦することをお勧めします。
査定士の資格には、小型車用と大型車用の資格の2種類があり、乗用車、商用車及び最大積載量が4t未満の貨物車の査定を行うことができるものを小型車査定士、それ以外の大型貨物車、特殊車、旅客バス等の査定を行うことができるものを、大型車査定士と呼びます。
検定を受験をするためには、各資格に対応する運転免許、自動車販売若しくは整備などの経験が半年以上、講習過程を終了していることが条件です。
技能検定申請書、顔写真、経歴説明書、技能検定申請者一覧表等の必要書類を揃え、受験費用を収めた後、受験可能となります。
受験内容の項目ですが、大きく分けると学科とペーパーテストの2種類に分類されます。
学科については、中古自動車査定制度、中古自動車査定基準、同細則及び加減点基準、自動車の構造、その他自動車に関する法規、保安基準、その他自動車に関する事項が含まれます。 ペーパーテストの試験内容は、乗用や及び貨物車の査定の実技試験です。
各都道府県に設置された差提供開始書にて、6月と12月の年に2回実施されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加