中古車査定の際の手続きの流れ

中古車査定の際の手続きの流れについて具体的に説明します。
査定業者に査定を依頼する前に、車検証(自動車検査証)や自賠責(自動車損害賠償責任)保険証明書など必要な書類を揃えておきます。
車検証の用意の仕方についてですが、新車購入時に発行されているはずなので、大抵の場合はそれを持参することになります。
また、自動車の運転の際の携行が義務化されているので、社内に置いておくことが多いようです。 万が一紛失・汚損・盗難された場合は、直ちに再発行を行うようにしましょう。
再発行の際の書類についてですが、代行業者やお店に代理で手続きをして貰う場合、使用者の再発行委任状、汚損した車検証か、紛失または盗難された場合はその理由書が必要です。
もちろん、自分で再発行の手続きを行うこともできますが、その場合上記以外に身分証明書、手数料納付書、申請書などが必要になってきます。 再発行の手数料もかかってきますので、できるだけ車検証は紛失などしないようにしてください。
続いて、自賠責保険証明証の用意の仕方です。
こちらも、自動車の運転の際には携行が義務化されているので、車検証と一緒に保管されていることが多いです。
再発行の際には、自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書、印鑑、保険契約者の身分証明書が必要です。 手数料は無料なので、紛失した場合はすぐに再発行しておくようにしましょう。
必要な書類は損害保険会社や代理店などが所有しているので、印鑑や身分証明書などだけを持参し、その場で申請書に記入して代理で手続きをしてもらうこともできます。
必要な書類が揃ったら、査定業者に査定を依頼します。
少しでも愛車をアピールすることが、高額査定のポイントです。

このエントリーをはてなブックマークに追加