車歴について

車を査定に出す動機は様々です。 車を乗り換えるための資金とするという場合もあるでしょう。 同じ買い替えでも、新しい車が発売された時や、乗り換えの減税やキャンペーン期間中等でも乗り換え意欲は高まります。
あるいは、これが一番一般的かもしれませんが、車検が切れてしまい、新たに車検に出すよりも、乗り換えた方がいいと判断する場合や、事故や接触などにより車が損壊してしまった場合にも、修理費用などを考えて乗り換えを考えることもあるでしょう。
このように、多種多様な動機で車査定を依頼する訳ですから、当然、動機によって事故歴、修復歴なども変わってきます。
特に、事故を起こした際には、修復可能なのか、可能として修理代がいくらになるのかなどが車を買い換えるかの判断材料になると思います。
事故に遭遇、または事故を起こした車のことを、一般的に「事故車」、「修復歴車」と言います。
事故車とは、中古自動車査定基準によって「交通事故やその他災害により自動車の骨格などに欠陥を生じたもの、またはその修復歴があるもの」とされています。
ちょっとぶつけたり、こすったりした程度の車は事故車とは呼びませんし、車歴にも影響しません。
運転や走行に支障をきたすほどの大きな損壊を被った車のことを、事故者と呼ぶわけです。
事故車は修復されていると、素人目には分からないものですが、プロの査定士が車を詳しく調べてみたら事故車だったということもよくあります。
特に中古車を購入した場合、修復歴などが明記されていなかったり、前の持ち主が下取り査定してもらう際に修復歴が見落とされてしまい、本人が事故車と認識していない場合もあります。
事故歴を認識していて、事故車を査定してもらう場合は、高く査定して欲しいからと事故歴を事前について申告をしないでいると、事故歴なしと査定後に査定額を減額されてしまうケースもあるようなので、トラブル回避のためにも申告しておくといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加