還付制度

平成17年1月から「自動車リサイクル法」の施行と同時に、道路運送車両法の新しい抹消登録関係手続と自動車重量税の還付制度が施工されました。
廃車が解体すると、自動車リサイクル法に基づき自動車検査証の残りの期間に対応する自動車重量税額が支払われます。 なお、 1ヶ月に満たない自動車検査証の残りの期間は切り捨てて計算されます。
還付の申請のやり方は、永久抹消登録申請書や解体届出書にある、還付を受けるために必要な項目を記入して提出します。 還付要請受諾後、還付金が支払われるまでには申請書の適正な審査のため、概ね3ヶ月程度の期間が掛かります。
自動車の最終所有者(この場合の所有者とは、車検証に記載されている所有者のこと)が、ディーラーなどの引取業者へ使用済自動車を引渡します。 引き渡した自動車が解体したと業者から連絡を受けた場合、その自動車を登録していた機関に対して登録を削除するよう依頼するか、または解体したことを届出すると、それと同時に還付の申請が行われることになります。
要するに、引取り業者が車を解体したと最終使用者に連絡が入り、その後その旨を登録機関へ届出すると、車検日までの残存期間に応じた自動車重量税の余り分のお金が還ってくる、ということです。
還付届出に必要な事項は、登録自動車と軽自動車とで若干違います。 登録自動車の場合、永久抹消登録申請書と解体届出、軽自動車の場合、自動車検査証の返納と解体届出がそれぞれ必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加