走行メーター管理システム

走行メーター管理システムとは、日本オートオークション協議会が開発したシステムで、過去にオークションで取り扱われた自動車の走行メーターの情報を保存、管理することにより、走行メーターの巻き戻しなどで走行距離のデータを不正に改ざんされた車両を排除し、日本における中古自動車のオークション市場の健全化を目的としています。
対象がオークションに出品された車限られているので、出品されたことのない車の照会をすることはできませんが、オークションに関わっていなくても、会員登録することで照会できるのがこのシステムの強みです。
会員の具体的な利用方法は、自動車販売または仕入れ業者が、自身または依頼により車を取得する際、走行メーターの紹介するもので、以前はシステムの保全のためいかなる場合においても他の目的での利用は禁止されていましたが、現在では一般の方でも利用が可能になっています。
個人での利用の場合には、実際に車を日本自動車査定協会の支所などに持ち込む必要がありますが、利用料も低額なので、ご心配の場合は利用されてみるといいでしょう。
ただし、高年式の中古車に関してはオークションに出品されていないものも多いので、このシステムに対してあまり過度の期待をしないほうがいいかもしれません。
とはいえ、このシステムの導入が抑止力として働くことにより、走行メーターの不正改ざんが抑制されているのも確かなので、中古車市場の健全化のため有効に活用されていくことを期待したいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加