相場価格

中古車の販売価格には、人気度や車の状態、装備品などによるグレードに応じて相場価格があります。
本項では、同じ中古車でも自動車メーカーのディーラーで売られているディーラー系中古車と、一般の中古車販売店で買う一般中古車での相場の違いについてお話します。
まず、ディーラー系中古車についてです。
ディーラー系中古車は基本的に、新車の買い替えの際に下取り車として仕入れた車を扱っています。
ディーラー系中古車の場合、下取り車の買取価格が直接新車購入の割引価格に結びつくため、新車売却を積極的に行いたいディーラー側は高額で中古車を買い取るケースが多いです。
また、中古車専門である一般中古車販売店に比べて査定や見積もりなどを営業が行なっているケースもあり、基準が甘く比較的高値で査定されやすいということもあります。
そのため、中古車販売店に比べディーラーの中古車は、高く設定されていることが多いのです。 同年式同型車でも中古車販売価格が比較的高め設定されています。
もちろん、ディーラーには自動車メーカーとしてのイメージというものもありますから、アフターフォローや装備などが中古車販売店に比べて比較的充実している場合も多いです。
それに対して一般の中古車販売店では、専門の査定士が比較的きっちりとした相場価格を設定しているため、価格面での安心感は期待出来ます。
いずれにせよ、中古車購入にはいくつかリスクがつきものですから、信頼出来る販売店と親切丁寧な営業の方を見つけることが、本体価格以上に購入時の満足度向上には欠かせないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加