車査定の流れ

中古車を売るための大きな流れは四つです。 まずはどこへ売るのかを決めましょう。 それによって査定方法が変わってくるからです。
始めに決めるのは、買い取りにするのか、下取りにするのかについてです。 買取業者に売るのか、オークションに出品するのか、それとも友人や知人に譲渡するのか等を決め、それに応じてどちらにするかを決定します。
その前に、中古車の下取りと買取りについて、 この二つの単語の違いをしっかり認識しておきましょう。
まず、買い取りについてですが、簡単にいえば、「車を売って現金を受け取る」ことで、買い取り後は現金を受け取ることができます。
次に、中古車の下取りについてですが、「今乗っている車を売ると同時に、同じ販売店で買う次の乗り換えで購入する車の代金の一部とする」ことです。
下取り後は、乗り換え後の車を納車後、受け取ることになります。
買い取り業者が決まったら、次に査定を依頼します。 インターネットの無料一括査定を利用し、相場を踏まえた上で査定を受けることをお勧めします。
大手自動車販売、買い取り業者などが自社サイト上で一括査定サービスを行なっている場合もあるため、そういったサービスを活用することが望ましいです。
査定が終わり、査定額が決まったら買い取り手続きを行います。 必要な書類を用意し、署名及び捺印を済ませてから、振込口座を指定します。 詳しい手順については各業者の指示に従います。
必要書類は下取りか買い取りかによっても違ってきますので、目的に応じた書類を揃えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加